ユーグレナとは何?ミドリムシとの違いは?

ヘッダー

コレステロールってそもそも何?|ユーグレナの効果は?

    

ユーグレナの効果・効能は図り切れないくらい、

 

多くの可能性を秘めています。

 

その中で、悪玉コレステロール値を下げる可能性があるとも言われています。

 

その理由は、青魚の成分の不飽和脂肪酸が、

 

どうやらコレステロール値を下げるのに効果が高い可能性を秘めていること。

 

食物繊維がとても効果的らしく、パラミロンが食物繊維と同じような働きをしてくれるうえ、

 

油を吸着してくれる構造になっているので、

 

コレステロール値を下げる効果が期待できるそうです。

 

ただ、コレステロールってそもそも何?という方も多いと思うので、

 

簡単に説明していきます。

 

コレステロールってそもそも何?

 

コレステロールってそもそも何なのでしょう。

 

コレステロールというのは、脂質の一種であり、

 

身体の中のあらゆる部位に存在しています。

 

血液中だけでなく、脳、内臓、筋肉など、

 

全身に分布している栄養素で、胆汁の材料になります。

 

コレステロールは、細胞のひとつひとつを形作る細胞膜の材料の役割もあるので、

 

なくてはならない重要な成分なのです。

 

コレステロールには、LDLとHDLがあり、

 

LDLは、肝臓から各細胞へとコレステロールを運んでいます。

 

HDLは、全身の細胞から余ったコレステロールを回収して肝臓へと戻します。

 

いずれもコレステロールを運ぶ大切な役割があるのですが、

 

HDLは余ったコレステロールを回収する機能があることから、

 

善玉コレステロールと呼ばれています。

 

LDLは、コレステロールを運ぶだけで回収する機能がないので、

 

悪玉コレステロールと呼ばれています。

 

余分なLDLコレステロールが血液中に溜まって酸化すると、

 

動脈硬化につながるので、

 

身体に不可欠なコレステロールも過剰摂取には気をつけないといけません。

 

コレステロールが引き起こす病気に、

 

高脂血症、動脈硬化、脳梗塞、狭心症、心筋梗塞などがあります。

 

問題はLDLコレステロール

 

コレステロールにも種類があり、問題はLDLコレステロールだということが分かりました。

 

このLDLコレステロールを下げることがとても大切なわけですね。

 

これを下げるために青魚(DHA・EPA)を食べること!

 

最近だと食事で下げるのはあまり効果がないのでは?

 

と言われており「水溶性食物繊維」をとって体外に排出することが大切と言われてます。

 

この排出する工程はパラミロンが得意としている分野だと思うので、

 

食事面や排出面から考えても、

 

ユーグレナはコレステロールを低く保つにはおすすめと言えます。

 

関連記事

 

・そもそもユーグレナ(ミドリムシ)とは?

 

・パラミロンのすごさをご紹介!

 

・ミドリムシの期待できる効果|アトピー軽減?

 

・完全無添加のミドリムシでおすすめといえばこれ!