ユーグレナとは何?ミドリムシとの違いは?

ヘッダー

ミドリムシはアトピーに効果あるの?病院で処方されるの?

    

ミドリムシはアトピーに効果あるの?

 

病院で処方されるのかきになり調べました!

 

 

アトピーに効果があるとされている成分

 

アトピーに効果があるとされている成分として、

 

今話題になっているのがパラミロンです。

 

この成分は・・・

 

ミドリムシに含まれているもので、特有成分になります。

 

パラミロンを継続摂取すると、

 

アトピーを軽減できる可能性があります。

 

アトピーはアレルギー疾患の1つであり、

 

IgE抗体が深くかかわっています。

 

これは免疫グロブリンEというたんぱく質なのですが、

 

アレルゲンと結合すると、アレルギー反応を引き起こします。

 

健康な人の体には、IgE抗体が微量しかありませんが、

 

アレルギー体質の人はIgE抗体を作りやすいのです。

 

この抗体の生産が体内で増えると、

 

ヒスタミンを放出しやすくなるので、アトピーになりやすくなります。

 

 

パラミロンのチカラ

 

実は、ミドリムシに含まれているパラミロンには、

 

IgE抗体を減少させる力があるのです。

 

アレルギー症状を軽減するには、

 

IgE抗体を減少させることが必要ですが、

 

パラミロンにはIgE抗体を減らしてくれる効果があります。

 

継続摂取すると、アトピーの症状を軽減することができます。

 

人による研究も実証済で、パラミロンを継続摂取すると、

 

免疫バランスのとれた状態へと導かれることがわかっています。

 

 

ユーグレナは病院で処方されるの?

 

ユーグレナは病院で処方されるのでしょうか。

 

ユーグレナはサプリとして販売されているものなので薬ではありません。

 

従って、ユーグレナが病院で処方されることはありません。

 

ユーグレナはミドリムシと呼ばれているもので健康補助食品になります。

 

サプリメントなので病院で処方してもらった薬と一緒に併用しても問題はありません。

 

サプリメントと薬を併用することで問題は特に報告されていないので、

 

ユーグレナは病院で処方される薬と一緒に飲むことができます。

 

ただ、特殊な薬を飲む場合は、医師や薬剤師に相談する必要があります。

 

注意を必要とする組み合わせもあり、

 

血液凝固作用のあるワーファリンという薬と併用する場合は、

 

気をつけないといけません。

 

ユーグレナに含まれるビタミンKとワーファリンの相性がよくないからです。

 

ワーファリンは血液凝固防止に働きますが、

 

ビタミンKは血液を凝固させる働きがあるので、

 

ワーファリンの処方を受けている人は、医師に確認する必要があります。

 

ユーグレナは、吸収率が93%を越える完全栄養食なので、

 

日々、摂ることにより食事で不足している栄養素をバランスよく補うことができます。

 

様々ないいことを身体にもたらしてくれるのでおすすめできます。

 

 

関連記事

ユーグレナとは?効果はあるのか?

オススメのミドリムシナチュラルリッチについて

オススメのユーグレナファームの緑汁について

オススメのバイオザイムについて

オススメのミドリムシエメラルドについて