ユーグレナとは何?ミドリムシとの違いは?

ヘッダー

ユーグレナはコレステロールを下げるのか???

    

ユーグレナに期待できる効果・効能の中に、

 

「コレステロール値を下げる」可能性があると聞きました。

 

その理由は・・・3つあり、

 

①「魚に含まれるDHAを含んでいる」

 

②「パラミロン」が水溶食物繊維と似た働きをしてくれる

 

③「パラミロン」自体が油を吸着してくれる

 

という理由からコレステロール値を下げるのに有効なのではないか・・・?

 

と考えられているそうです。管理人はずっとユーグレナを飲んでいますが、

 

健康診断は引っかかったことはありません(^-^)

 

さて、今日は①の魚の栄養は、

 

コレステロール値を下げるのに役立つのかを簡単にご説明します。

 

魚の栄養素はコレステロールに役立つ?

 

魚の栄養素はコレステロールに役立つとよく言われますが、

 

確かにその通りで、魚の栄養成分はコレステロールに非常に効果的です。

 

TVでもやずやさんのCMや、

 

サントリーさんのサプリメントのCMをよく見かけると思います。

 

魚には、タウリンが沢山含まれていて、

 

コレステロール値を下げる作用があります。

 

また、血圧や血糖値を下げて血液をサラサラにする効果があります。

 

魚の栄養素はコレステロールに役立つので、

 

タウリンが豊富に含まれている魚は積極的に摂るべきです。

 

魚油の中でも代表的なのがDHAで、

 

脳の発達や認知症予防に効果的と言われています。

 

そして魚油に含まれるEPAには、血液をサラサラにする効果があり、

 

悪玉コレステロールを減少させてくれます。

 

その他の嬉しい効果や効能は?

 

魚油以外にも魚にはうれしい栄養素が含まれていて、

 

それが、アミノ酸の一種で血圧を正常に保ち、

 

コレステロールを正常にしてくれるタウリンです。

 

タウリンは、加熱しても変化しない栄養素なのですが、

 

生で食べた方がより効率よく吸収できます。

 

新鮮な魚を生で食べるとよく、コレステロールを減少させるのに役立ちます。

 

タウリンは、食物繊維と一緒に摂取すると、

 

コレステロールの低下作用が強まるので、

 

魚と野菜、豆類、キノコ類などを一緒に摂るとよいです。

 

このように魚の栄養にも数々の可能性を感じることが出来ます。

 

ユーグレナにもこの栄養を含めて、

 

その他にも様々な効果や効能を期待出来るのでおすすめです!(^^)!

 

 

関連記事

 

・ユーグレナのおすすめ商品言えば緑汁で決まり!

 

・完全無添加のミドリムシといえばコレ!

 

・ユーグレナってそもそも何?

 

・ユーグレナをどれくらい飲めばいいの?